ファンタジーノレキシ

ファンタジーの歴史

空想世界

リン・カーター
中村融


ファンタジーの歴史

ジャンル
ノンフィクション・その他 > 評論・研究
ノンフィクション・その他 > ファンタジイ
ファンタジイ > 評論・研究
レーベル
キイ・ライブラリー

判型:四六判並製
ページ数:350ページ
初版:2004年11月30日

ISBN:978-4-488-01520-6
Cコード:C0095

装画:武部本一郎「金星の火の女神」
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

●田中芳樹氏推薦――「ページをめくるごとに、別世界への扉が開く。はるかな旅の道づれに、この1冊をぜひ」

米国ファンタジー・ブームの立役者となった伝説的な編集者がつづった名著が、ついに本邦初訳なる! ウィリアム・モリス、ロード・ダンセイニにはじまり、C・S・ルイス、J・R・R・トールキン、ロバート・E・ハワードといった巨匠たちとその作品について、歴史を追って懇切にガイダンスする。資料的価値も絶大な、ファンタジー・ファン必携の1冊。訳者あとがき=中村融

■著者の言葉
「わたしが“ファンタジー”という言葉で意味するのは、科学にも超自然にも属さない驚異の物語だ。この種の物語の本質は、一語に要約できる――すなわち、魔法に。とすれば、ファンタジーとは、そのなかで魔法がじっさいに働く作品ということになる――おとぎ話でもなく、『ピーター・パン』や『オズの魔法使い』のように子供向きに書かれた物語でもなく、おとな向きに書かれた作品――心を刺激し、心を働かせる物語だ」
 ――リン・カーター(「序文」より)

*東京創元社創立50周年記念出版
*書評掲載:2004/12/23 朝日新聞


目次

序文 想像力の帝国
1 ウルクからアタボールへ――ウィリアム・モリスと最初のファンタジー小説
2 世界の縁、そしてそのかなた――ダンセイニ、エディスン、キャベルの作品
3 失われた都、忘れられた時代――アメリカのパルプ雑誌におけるファンタジーの勃興
4 魔法の数字――〈アンノウン〉における空想世界ファンタジー
5 『ナイトランド』からナルニアへ――『指輪物語』への道
6 インクの子らが古典を生み出す――トールキンの業績とその影響
7 ハワード後の英雄譚――アメリカ剣士と魔術師ギルド(有)
8 若き魔術師たち――現代ファンタジーの巨匠たち
9 世界創造について――創作された環境に関する諸問題
10 地元の風習と名前――新造名についてのいくつかの考察
11 商売の秘訣――世界創造の中級テクニック

 原注/書誌
 訳者あとがき
 読書案内/索引


リン・カーター

1930年アメリカ合衆国フロリダ州生まれ。幼少時から幻想文学全般の熱狂的なファンで、多くのファンジンに小説や評論を寄せた。57年に作家デビュー。アメリカの伝説的なペーパーバック叢書《バランタイン・アダルト・ファンタジー》シリーズの編集コンサルタントを務めた。1988年歿。邦訳された評論書に『トールキンの世界(ロード・オブ・ザ・リング 『指輪物語』完全読本)』、『ファンタジーの歴史 空想世界』『クトゥルー神話全書』がある。


中村融

(ナカムラトオル )

1960年愛知県生まれ。中央大学卒業。SF・ファンタジイ翻訳家、研究家、アンソロジスト。主な訳書に、ウェルズ『宇宙戦争』『モロー博士の島』、ハワード《新訂版コナン・シリーズ》ほか多数。創元SF文庫での編著に『影が行く』『地球の静止する日』『時の娘』『時を生きる種族』『黒い破壊者』がある。