ツキノヘヤデアイマショウ

月の部屋で会いましょう

  【単行本版】

レイ・ヴクサヴィッチ
岸本佐知子市田泉


月の部屋で会いましょう

ジャンル
SF > 短編集
レーベル
創元海外SF叢書

判型:四六判仮フランス装
ページ数:302ページ
初版:2014年7月11日

ISBN:978-4-488-01453-7
Cコード:C0097

装画:庄野ナホコ
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

●藤野可織氏推薦──「死んじゃうくらい楽しくて悲しい。この本のなかも、多分、私たちのいるこっちも。ヴクサヴィッチの生真面目なふざけ方を学べば、生きていけるかもしれない。」

――肌が宇宙服になって飛んでいく病? 恋人の手編みセーターの中で迷子になる男? 誰もが金魚鉢を抱えていなければいけない星への休暇旅行? せつなくておかしい、とびきり奇妙な33編の奇談集! 2001年度フィリップ・K・ディック賞候補作。


目次

僕らが天王星に着くころ
床屋(バーバー)のテーマ
バンジョー抱えたビート族
最終果実
ふり
母さんの小さな友だち
彗星なし(ノー・コメット)
危険の存在
ピンクの煙
シーズン最終回
セーター
家庭療法
息止めコンテスト
派手なズボン
冷蔵庫の中
最高のプレゼント
魚が伝えるメッセージ
キャッチ

ジョイスふたたび(リジョイス)
ぼくの口ひげ
俺たちは自転車を殺す
休暇旅行
大きな一歩
正反対
服役
次善の策
猛暑
儀式
排便
宇宙の白人たち
ささやき
月の部屋で会いましょう
謝辞
解説/渡邊利道



レイ・ヴクサヴィッチ

1946年アメリカ生まれ、オレゴン州在住。88年に作家デビューし、大学の研究室でプログラマーとして働くかたわら、SF系の文芸誌に短編を発表する。現在は専業作家。短編「ささやき」で2001年ブラム・ストーカー賞候補、中編“The Wages of Syntax”で04年ネビュラ賞候補。第一短編集である『月の部屋で会いましょう』は01年、ケリー・リンクが主宰する出版社スモール・ビア・プレスから刊行され、フィリップ・K・ディック賞の候補にもなった。