著作一覧


角田喜久雄

(ツノダキクオ )

1906年横須賀生まれ。22年に最初の探偵小説「毛皮の外套を着た男」が〈新趣味〉の探偵小説募集に入選、26年「発狂」が第1回サンデー毎日大衆文芸賞に入選して、同年同題の作品集を刊行する。37年『妖棋伝』で第4回直木三十五賞の候補になるなど注目をあつめ、『髑髏銭』『風雲将棋谷』を始めとする時代伝奇小説で一躍人気作家となる。戦後まもない47年に本格的な長編探偵小説『高木家の惨劇』を刊行、58年「笛吹けば人が死ぬ」で第11回日本探偵作家クラブ賞を受賞。94年没。

表示順
昇順・降順
表示件数

該当商品2件中、1〜2件目を表示


国内ミステリ  >> 短編集

霊魂の足

霊魂の足

角田喜久雄

定価:1,100円  ISBN:978-4-488-41021-6

在庫僅少  初版:2021年10月15日

探偵小説と時代伝奇小説の両分野に名を刻む巨匠・角田喜久雄。終戦から間もなく発表され、戦後探偵小説の幕開けを飾った加賀美敬介捜査一課長の全短篇を一巻に集成する。 


国内ミステリ  >> ミステリ

日本探偵小説全集〈3〉大下宇陀児・角田喜久雄集

日本探偵小説全集

日本探偵小説全集〈3〉大下宇陀児・角田喜久雄集

大下宇陀児角田喜久雄
中島河太郎 監修

定価:1,320円  ISBN:978-4-488-40003-3

在庫あり  初版:1985年7月26日

犯罪心理の描写に冴えをみせた大下宇陀児。『虚像』は見事な到達点である。角田喜久雄が従来日本になかった本格探偵小説をと意気込んで書いた『高木家の惨劇』は本格長編時代の夜明けを告げた。 


該当商品2件中、1〜2件目を表示