ギンガカクヘ

銀河核へ〈上〉

ベッキー・チェンバーズ
細美遙子


銀河核へ〈上〉

ジャンル
SF > スペースオペラ
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:324ページ
初版:2019年6月28日

ISBN:978-4-488-77601-5
Cコード:C0197
文庫コード:SF-チ-2-1

装画:K, Kanehira
装幀:岩郷重力+W.I


内容紹介

故郷を失った地球人類は銀河共同体の末席に加わり、弱小ながら繁栄を享受していた。超光速航行用の“トンネル”建設作業船〈ウェイフェアラー〉に突如舞い込んだ、「銀河系中心部への新航路開拓」という大仕事。かくして多種族混成クルーの長く賑やかな航海が始まる……。個人出版からヒューゴー賞、クラーク賞候補となった傑作スペースオペラ!



ベッキー・チェンバーズ

1985年生まれのSF作家。宇宙開発に携わる家族のもとで育ち、ビデオゲームや非電源系ゲーム、養蜂や天体観測を趣味にして育つ。現在は妻とともにカリフォルニアに住む。デビュー長編『銀河核へ』は、クラウドファンディングサイト・キックスターターで執筆資金集めに成功し、個人出版したものが大人気となり、大手出版社から刊行され直してクラーク賞、ベイリーズ賞、ティプトリー賞などの候補になるというユニークな履歴を持つ。同書の好評を受けて書き継いだシリーズは、2019年ヒューゴー賞シリーズ部門にノミネートされている。