チョウウゴクイエニテ

超動く家にて

宮内悠介


超動く家にて

ジャンル
SF > 短編集
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:352ページ
初版:2021年4月9日

ISBN:978-4-488-74703-9
Cコード:C0193
文庫コード:SF-み-2-3

装画:芦野公平
装幀:コードデザインスタジオ


内容紹介

雑誌『トランジスタ技術』のページを“圧縮”する架空競技を描いた「トランジスタ技術の圧縮」、ヴァン・ダインの二十則が支配する世界で殺人を目論む男の話「法則」など16編。日本SF大賞、吉川英治文学新人賞、三島由紀夫賞、星雲賞を受賞し、直木・芥川両賞の候補となった著者の傑作快作怪作を揃えた自選短編集。あとがき、文庫版オリジナルのおまけも収録。解説=酉島伝法


目次

「トランジスタ技術の圧縮」
「文学部のこと」
「アニマとエーファ」
「今日泥棒」
「エターナル・レガシー」
「超動く家にて」
「夜間飛行」
「弥生の鯨(くじら)」
「法則」
「ゲーマーズ・ゴースト」
「犬か猫か?」
「スモーク・オン・ザ・ウォーター」
「エラリー・クイーン数」
「かぎ括弧のようなもの」
「クローム再襲撃」
「星間野球」


宮内悠介

(ミヤウチユウスケ )

1979年東京生まれ。92年までニューヨーク在住、早稲田大学第一文学部卒。在学中はワセダミステリクラブに所属。インド、アフガニスタンを放浪後、麻雀プロの試験を受け補欠合格するも、順番が来なかったためプログラマになる。囲碁を題材とした「盤上の夜」を第1回創元SF短編賞に投じ、受賞は逸したものの選考委員特別賞たる山田正紀賞を贈られ、創元SF文庫より刊行された秀作選アンソロジー『原色の想像力』に同作が収録されデビュー。また同作を表題とする『盤上の夜』は第一作品集ながら第147回直木賞候補となり、第33回日本SF大賞を受賞。またこの書籍収録段階で短編「盤上の夜」が第44回星雲賞日本短編部門の参考候補作となった。さらに第二作品集『ヨハネスブルグの天使たち』も第149回直木賞候補となり、第34回日本SF大賞特別賞を受賞した。2013年、第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞。2017年、『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞を、『カブールの園』で第30回三島由紀夫賞を受賞。さらに同年発表した『あとは野となれ大和撫子』は第49回星雲賞日本長編部門を受賞し第157回直木賞の候補ともなった。