73コウネンノヨウカイ

73光年の妖怪

フレドリック・ブラウン
井上一夫


73光年の妖怪

ジャンル
SF
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:262ページ
初版:1963年10月27日

ISBN:978-4-488-60506-3
Cコード:C0197
文庫コード:SF-フ-2-6

装画:吉永和哉
装幀:田中久美子+WONDER WORKZ.


内容紹介

73光年彼方の惑星から合衆国に飛来した怪奇な生物。それは自由に他の生物に乗り移り、支配できる力を備えた恐るべき知性体だった。そいつは闇に潜み、野ねずみから人間へ、そして犬へと次々に宿主を変えていく。この姿なき敵の正体を看破して、人類を破滅から救わんとする一人の物理学者と、知力の塊ともいうべき知性体との虚々実々の闘い。ブラウン屈指のサスペンスSF長編! 解説=堺三保


フレドリック・ブラウン

1906年アメリカ生まれ。新聞社、雑誌社などに勤務のかたわら、執筆を開始。1947年刊行のミステリ長編『シカゴ・ブルース』で、翌年のMWA最優秀処女長編賞を受賞。多くのミステリ、SF、ファンタジーを発表した。代表作は〈エド・ハンター〉シリーズ、『通り魔』『不思議な国の殺人』『3、1、2とノックせよ』『まっ白な嘘』『未来世界から来た男』『天使と宇宙船』『スボンサーから一言』など。奇抜な着想と軽妙な話術で描くショートショートの名手。1972年没。