ネクロスコープ

ネクロスコープ〈上〉

死霊見師ハリー・キーオウ

ブライアン・ラムレイ
夏来健次


ネクロスコープ〈上〉

ジャンル
ホラー > ホラー
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:368ページ
初版:2019年5月31日

ISBN:978-4-488-58908-0
Cコード:C0197
文庫コード:F-ラ-4-8

装画:海野なまこ
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

ソヴィエト連邦の超常諜報戦術開発局に所属するボリス・ドラゴサニと、英国の炭鉱町で育ち、数学の才能を開化させたハリー・キーオウ。遠く隔たった場所でまったく異なる人生を歩む二人にはある共通点があった──それは死者、あるいは死体の能力を自らのものにして活用するという、類い稀且つ恐るべき異能だった! 冷戦下、ソ連と英国間の霊的諜報戦を描いた一大伝奇ホラー。


ブライアン・ラムレイ

1937年イギリス・ダーハム郡生まれ。職業軍人として勤めるかたわら、小説を執筆する。代表シリーズに〈タイタス・クロウ・サーガ〉(『地を穿つ魔』『タイタス・クロウの帰還』『幻夢の時計』『風神の邪教』『ボレアの妖月』『旧神郷エリシア』 )、Necroscope Series、The Primal Land Series、The Dreamlands Seriesなど、短編集に『黒の召喚者』『タイタス・クロウの事件簿』がある。


夏来健次

(ナツキケンジ )

1954年新潟県生まれ。英米文学翻訳家。主な訳書に、ブロック『サイコ』、ラムレイ『タイタス・クロウの事件簿』をはじめとする《タイタス・クロウ・サーガ》、ロジャーズ『赤い右手』など。