ネクロスコープ

ネクロスコープ〈下〉

死霊見師ハリー・キーオウ

ブライアン・ラムレイ
夏来健次


ネクロスコープ〈下〉

ジャンル
ホラー > ホラー
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:378ページ
初版:2019年5月31日

ISBN:978-4-488-58909-7
Cコード:C0197
文庫コード:F-ラ-4-9

装画:海野なまこ
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

死体から情報や記憶を強奪する死骸検師(ネクロマンサー)ドラゴサニは、更なる力を手にするため故国ルーマニアへ赴き、吸血鬼族の秘密を探り出そうと目論んでいた。一方、死者の魂との交流によってその能力を身に宿す死霊見師(ネクロスコープ)キーオウは、母を殺した継父への復讐を遂げるべく力を磨いていた。相似する能力と正反対の魂を持つ青年たちの死闘を描く、〈タイタス・クロウ・サーガ〉の著者による傑作。



ブライアン・ラムレイ

1937年イギリス・ダーハム郡生まれ。職業軍人として勤めるかたわら、小説を執筆する。代表シリーズに〈タイタス・クロウ・サーガ〉(『地を穿つ魔』『タイタス・クロウの帰還』『幻夢の時計』『風神の邪教』『ボレアの妖月』『旧神郷エリシア』 )、Necroscope Series、The Primal Land Series、The Dreamlands Seriesなど、短編集に『黒の召喚者』『タイタス・クロウの事件簿』がある。


夏来健次

(ナツキケンジ )

1954年新潟県生まれ。英米文学翻訳家。主な訳書に、ブロック『サイコ』、ラムレイ『タイタス・クロウの事件簿』をはじめとする《タイタス・クロウ・サーガ》、ロジャーズ『赤い右手』など。