アヤカシタチノキママナニチジョウ

妖たちの気ままな日常

妖怪の子、育てます〈3〉

廣嶋玲子


在庫あり

定価:814円 (本体価格:740円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

妖たちの気ままな日常

ジャンル
ファンタジイ > ファンタジイ
レーベル
創元推理文庫(F)
シリーズ
妖怪の子、育てます 3

判型:文庫判
ページ数:248ページ
初版:2023年6月9日

ISBN:978-4-488-56515-2
Cコード:C0193
文庫コード:F-ひ-2-14

装画:Minoru
装幀:藤田知子


内容紹介

江戸の片隅で養い子の千吉(せんきち)と暮らす青年弥助(やすけ)は、実は妖怪の子預かり屋だ。そんな弥助の家の外にたたずむひとりの妖怪、人恋しそうな彼女を弥助は家に招き入れるが……「軒先にたたずむもの」、石地蔵(いしじぞう)そっくりの妖怪が子供達を預けにきた。だが三人の兄弟は仲が悪く喧嘩(けんか)ばかり……「仲の悪い三兄弟」等、妖怪達の日常を描いた短編9編を収録。人気のお江戸妖怪ファンタジイ第3弾。


目次

「軒先にたたずむもの」
「仲の悪い三兄弟」
「迷子のへちま」
「蛍(ほたる)狩り」
「秘密の茶飲み仲間」
「蛙(かえる)達の家探し」
「冬の訪れ」
「年末の餅(もち)つき」
「鼓丸(つづみまる)の毛」


廣嶋玲子

(ヒロシマレイコ )

神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞し2006年にデビュー。主な作品に〈妖怪の子預かります〉シリーズ、〈ナルマーン年代記〉三部作、〈ふしぎ駄菓子屋 銭天堂〉シリーズ、〈十年屋〉シリーズ、〈鬼遊び〉シリーズ、〈おっちょこ魔女先生〉シリーズ、〈秘密に満ちた魔石館〉シリーズ、〈トラブル旅行社(トラベル)〉シリーズや、『鳥籠の家』がある。