カイキクラブ

怪奇クラブ

アーサー・マッケン
平井呈一


怪奇クラブ

ジャンル
ホラー > ホラー
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:300ページ
初版:1970年6月26日

ISBN:978-4-488-51001-5
Cコード:C0197
文庫コード:F-マ-1-1



内容紹介

パンの神はいつも、森の広場に人間の処女を拉して性の乱舞を行なう。人間の性の神秘を超自然に託して魔訶不思議な様相をくりひろげるマッケンの世界は、戦慄と陶酔の妖しい白光の世界である。黒い封印と戦う老教授、淫楽の密室に白い粉薬をのんで肉体が溶けてしまう青年の話など一連の怪談集と、聖杯を主題とした「大いなる来復」を収録。訳者あとがき=平井呈一


目次

「怪奇クラブ」
「大いなる来復」


アーサー・マッケン

1863年ウエールズ、カーレオン・オン・アスクで、代々牧師の家系に生まれる。トマス・ド・クインシーやウォルター・スコットの作品に親しみ、詩作を試みるなど早熟な少年期を過ごす。軍医を志すも挫折した後、作家を目指してロンドンで創作活動を開始。出世作にして代表作となった「パンの大神」は、イギリスの文壇に大きな衝撃を与えた。40歳を前に一度筆を折り、約10年にわたりシェイクスピア劇の劇団員として生活を送る中で『夢の丘』、「生活の欠片」などを執筆。第一次世界大戦を機に、怪奇実話や随想を発表するようになり、文筆生活を再開した。1947年没。