フロストシマツ

フロスト始末〈上〉

R・D・ウィングフィールド
芹澤恵


フロスト始末〈上〉

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
ジャック・フロスト警部シリーズ 6

判型:文庫判
ページ数:454ページ
初版:2017年6月30日

ISBN:978-4-488-29108-2
Cコード:C0197
文庫コード:M-ウ-8-8

装画:村上かつみ
装幀:矢島高光


内容紹介

今宵も人手不足のデントン署において、運悪く署に居合わせたフロスト警部は、強姦・脅迫・失踪と、次々起こる厄介な事件をまとめて担当させられる。警部がそれらの捜査に追われている裏で、マレット署長は新たに着任したスキナー主任警部と組み、フロストをよその署に異動させようと企んでいた……。史上最大のピンチに陥った警部の苦闘を描く、超人気警察小説シリーズ最終作。



R・D・ウィングフィールド

英国の作家・放送作家。1928年生、2007年歿。ロンドン出身。フロスト警部を主人公とした警察小説シリーズで人気を博した。著作に『クリスマスのフロスト』『フロスト日和』『夜のフロスト』などがある。