アオエンピツノオンナ

青鉛筆の女

ゴードン・マカルパイン
古賀弥生


青鉛筆の女

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:294ページ
初版:2017年2月28日

ISBN:978-4-488-25609-8
Cコード:C0197
文庫コード:M-マ-27-1

装画:影山徹
装幀:中村聡


内容紹介

2014年カリフォルニアで解体予定の家から発見された貴重品箱。そのなかには三つのものが入っていた。1945年に刊行されたパルプ・スリラー。編集者からの手紙。そして、軍支給の便箋に書かれた『改訂版』と題された原稿……。開戦で反日感情が高まるなか、作家デビューを望んだ日系青年と、編集者のあいだに何が起きたのか? 驚愕の結末が待ち受ける、凝りに凝った長編ミステリ! 解説=村上貴史


ゴードン・マカルパイン

カリフォルニア州出身の作家。20代の頃にゲーム開発や映画・テレビのシナリオ執筆に携わったのち、1989年にJoy in Mudvilleで作家デビュー。その後、ダシール・ハメットが主人公のHammett Unwritten(Owen Fitzstephen名義)、エドガー・アラン・ポオの子孫の双子が主人公の三部作“The Misadventures of Edgar and Allan Poe”など、話題作を次々と発表。現在は妻とともに南カリフォルニアに暮らす。