カゲノナイヨンジュウニチカン

影のない四十日間〈下〉

オリヴィエ・トリュック
久山葉子


未刊

定価:1,100円 (本体価格:1,000円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

影のない四十日間〈下〉

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:336ページ
初版:2021年11月12日

ISBN:978-4-488-22704-3
Cコード:C0197
文庫コード:M-ト-10-2

写真:Adobe Stock
装幀:日高祐也


内容紹介

トナカイ所有者殺害の前日、カウトケイノの博物館から世界的にも貴重なサーミの太鼓が盗まれる事件が起きていた。一方、殺された男は数少ないサーミの太鼓の作り手でもあった。二つの事件に関連はあるのか? クレメットとニーナは盗まれた太鼓のルートを辿る。一年の内四十日間太陽が昇らない極北の地を舞台に、国境をまたぐ特殊警察コンビが、悲しみに満ちた事件の真相に迫る。訳者あとがき=久山葉子


オリヴィエ・トリュック

1964年フランス生まれのジャーナリスト。1994年からスウェーデンの首都ストックホルム在住で、フランスの新聞社『ル・モンド』の北欧特派員を20年以上つとめる。ドキュメンタリー映画やTV番組製作にも携わり、ノンフィクションも執筆したのち、本シリーズで小説デビュー。母国フランスで熱狂的に迎えられ、シリーズ第1作『影のない四十日間』はミステリ批評家賞、813協会賞などを受賞したほか、英訳版はCWAインターナショナル・ダガー賞の最終候補作にもなった。


久山葉子

(クヤマヨウコ )

1975年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部英文科卒業。スウェーデン在住。主な訳書にペーション『許されざる者』、マークルンド『ノーベルの遺志』、カッレントフト『冬の生贄』、ランプソス&スヴァンベリ『生き抜いた私 サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白』などがある。