リトル・グリーンメン

リトル・グリーンメン

〈MJ-12〉の策謀

クリストファー・バックリー
青木純子


在庫あり

定価:1,496円 (本体価格:1,360円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

リトル・グリーンメン

ジャンル
一般文芸 > ユーモア
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:462ページ
初版:2021年5月28日

ISBN:978-4-488-22606-0
Cコード:C0197
文庫コード:M-ハ-13-2

装画:ヤギワタル
装幀:中村聡


内容紹介

大統領さえ番組に呼べるニュースキャスターが、アブダクションを経験する! ホワイトハウスとメディアの攻防、情報部の策謀……抱腹絶倒の傑作コメディ!


クリストファー・バックリー

1952年、ニューヨーク生まれ。父親はベストセラー作家ウィリアム・F・バックリーJr.。イェール大学卒業後、『エスクァイア』の編集に携わったのち、レーガン政権で副大統領を務めていたジョージ・H・W・ブッシュJr.(パパ・ブッシュ)のスピーチライターのひとりとして、1981年から83年までホワイトハウスで働く。2008年2月には父親の他界後、それまでずっと父親と同じ共和党支持を通していたが、オバマ支持を表明する記事を書き、話題を呼んだ。つねに時代時代の人々の関心事をテーマにエンターテインメント小説を書き続けている作家である。


青木純子

(アオキジュンコ )

1954年東京生まれ。早稲田大学大学院博士課程満期退学。訳書に、K・モートン『忘れられた花園』、M・パヴィチ『風の裏側』、L・ノーフォーク『ジョン・ランプリエールの辞書』、B・S・ジョンソン『老人ホーム』、G・アデア『閉じた本』、A・クルミー『ミスター・ミー』、K・アトキンソン『世界が終わるわけではなく』、M・レヴィツカ『おっぱいとトラクター』他。