ペキンカラキタオトコ

北京から来た男〈下〉

ヘニング・マンケル
柳沢由実子


在庫あり

定価:1,254円 (本体価格:1,140円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

北京から来た男〈下〉

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:378ページ
初版:2016年8月10日

ISBN:978-4-488-20919-3
Cコード:C0197
文庫コード:M-マ-13-18

写真:AFLO
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

殺人現場で見つかった日記は、ビルギッタを19世紀の中国の寒村、開拓時代のアメリカ、さらには発展著しい現代の中国、アフリカへと導く。ミステリを超えた金字塔的作品。


ヘニング・マンケル

1948年スウェーデン生まれ。作家、舞台監督、劇作家。〈刑事ヴァランダー・シリーズ〉の第1巻『殺人者の顔』でガラスの鍵賞を、第5巻『目くらましの道』でCWA賞のゴールドダガーを受賞、他に児童書やエッセイなども書いた、人気実力ともに北欧ナンバーワンの作家である。2015年没。