ハイゴノアシオト

背後の足音〈下〉

ヘニング・マンケル
柳沢由実子


背後の足音〈下〉

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
刑事ヴァランダー・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:428ページ
初版:2011年7月22日

ISBN:978-4-488-20913-1
Cコード:C0197
文庫コード:M-マ-13-12

写真:iStockphoto/Thinkstock
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

長年一緒に仕事をしてきた同僚の刑事が殺された。そのあまりに無惨な姿に、イースタ署の面々は言葉を失った。どうやら彼は、例の若者たちが失踪した事件をたった一人で調べていたらしい。二つの事件は同一犯の仕業なのか。調べ進むうちに明らかになる、殺された刑事の隠された素顔。自分はいったい彼の何を知っていたのか。ヴァランダーら捜査陣の焦燥感がつのるなか、次の犠牲者が……。現代社会の病巣をえぐる北欧の巨匠の傑作。訳者あとがき=柳沢由実子/解説=小山正

*第1位『IN★POCKET』2011年文庫翻訳ミステリー・ベスト10/総合部門
*第1位『IN★POCKET』2011年文庫翻訳ミステリー・ベスト10/翻訳家&評論家部門
*第3位『IN★POCKET』2011年文庫翻訳ミステリー・ベスト10/読者部門
*第4位『このミステリーがすごい!2012年版』海外編
*第4位『ミステリが読みたい!2012年版』海外篇
*第6位〈週刊文春〉2011ミステリーベスト10 海外部門



ヘニング・マンケル

1948年スウェーデン生まれ。作家、舞台監督、劇作家。〈刑事ヴァランダー・シリーズ〉の第1巻『殺人者の顔』でガラスの鍵賞を、第5巻『目くらましの道』でCWA賞のゴールドダガーを受賞、他に児童書やエッセイなども書いた、人気実力ともに北欧ナンバーワンの作家である。2015年没。