ケイジタチノミッカカン

刑事たちの三日間〈上〉

アレックス・グレシアン
谷泰子


在庫なし

定価:1,056円 (本体価格:960円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

刑事たちの三日間〈上〉

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:368ページ
初版:2013年7月31日

ISBN:978-4-488-19006-4
Cコード:C0197
文庫コード:M-ク-22-1

装画:田地川じゅん
装幀:中村聡


内容紹介

1889年、切り裂きジャックの恐怖が残るヴィクトリア朝ロンドン。地に落ちた警察への信頼を回復するため、ロンドン警視庁(スコットランド・ヤード)に殺人捜査課が創設された。日々捜査に忙殺される中、仲間のひとりが無残な死体となって発見される。事件の捜査を命じられたのは、新米警部補のディだった──。巨大都市にはびこる犯罪の闇、それに立ち向かう刑事の光。斬新なスタイルで贈る傑作警察小説!

*第2位『IN★POCKET』2013文庫翻訳ミステリーベスト10/読者部門
*第7位『IN★POCKET』2013文庫翻訳ミステリーベスト10/総合部門
*第7位『IN★POCKET』2013文庫翻訳ミステリーベスト10/翻訳家&評論家部門
*第15位(新人賞第2位)『ミステリが読みたい!2014年版』海外編


アレックス・グレシアン

広告業界からグラフィックノベルの世界を経て、2012年、本シリーズの第一弾『刑事たちの三日間』を発表。バリー賞、〈ストランド・マガジン〉批評家新人賞の候補となる。現在はアメリカ中西部に妻と息子と暮らす。


谷泰子

(タニヤスコ )

和歌山県生まれ。1987年大阪大学文学部卒業。英米文学翻訳家。