サツジンシャノシュキ ジョウ

殺人者の手記〈上〉

ホーカン・ネッセル
久山葉子


殺人者の手記〈上〉

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:368ページ
初版:2021年4月23日

ISBN:978-4-488-16909-1
Cコード:C0197
文庫コード:M-ネ-1-1

写真:(C) ANYONE/amanaimages
装幀:中村聡


内容紹介

スウェーデン推理作家アカデミー最優秀賞受賞作

「エリック・ベリマンの命を奪うつもりだ。お前に止められるかな?」休暇に出発する直前のバルバロッティ捜査官に、殺人予告ととれる手紙が届いた。所属署に連絡して調べてもらうと、同名の人物が五人も。警察も半信半疑でいるうちに、一人が遺体で発見される。予告は本物だったのだ。そしてバルバロッティの元に新たな予告状が。スウェーデン推理作家アカデミー最優秀賞の傑作。


ホーカン・ネッセル

1950年生まれ。スウェーデンを代表するミステリ作家であり、その文学性は他の作家の追随を許さない。ファン・フェーテレン刑事部長シリーズ、バルバロッティ警部シリーズ、その他多くの短編・長編作品を書いている。1994年、1996年、2007年にスウェーデン推理作家アカデミーの最優秀賞、2000年にガラスの鍵賞を受賞した。


久山葉子

(クヤマヨウコ )

1975年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部英文科卒業。スウェーデン在住。主な訳書にペーション『許されざる者』、マークルンド『ノーベルの遺志』、カッレントフト『冬の生贄』、ランプソス&スヴァンベリ『生き抜いた私 サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白』などがある。