タンテイハコワレタマチデ

探偵は壊れた街で

サラ・グラン
高山祥子


在庫あり

定価:1,296円 (本体価格:1,200円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

探偵は壊れた街で

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:412ページ
初版:2015年4月17日

ISBN:978-4-488-16202-3
Cコード:C0197
文庫コード:M-ク-25-1

装画:三宅瑠人
装幀:鈴木久美


内容紹介

クレア・デウィットはただの女探偵ではない。独特の探偵術を駆使し、巧みに銃を扱い、困難な調査でも決して諦めない。2007年、ハリケーンの傷痕が残るニューオーリンズで、クレアは失踪した地方検事補の捜索を依頼される。洪水で死んだと思われる一方で、嵐のあとに姿を見た者もおり経緯がわからない。真実によって誰かが傷つくこともある。しかし探偵にできるのは、謎を解決し先に進むことだけだ。傷ついた街と人々に寄り添う女探偵の活躍を描く、マカヴィティ賞最優秀長篇賞受賞作。訳者あとがき=高山祥子

*第9位『IN★POCKET』「2015年文庫翻訳ミステリー・ベスト10」作家部門



サラ・グラン

1971年アメリカ、ブルックリン生まれ。作家になる前に書店員や古書販売などさまざまな職業を経験した。著書に Saturn’s Return to New York 、『私の悪魔』、『堕天使の街』などがあり、テレビドラマや映画の脚本も手がけている。『探偵は壊れた街で』は2011年に発表された4作目の長篇作品で、独特の世界観を持つ女性私立探偵クレア・デウィットを主人公としたシリーズの第1作。2012年マカヴィティ賞最優秀長篇賞、ドイツ・ミステリ大賞翻訳部門一位を獲得し、ハメット賞やシェイマス賞最優秀処女私立探偵小説賞の最終候補作にもなるなど高い評価を得た。2013年に続篇 Clair DeWitt and the Bohemian Highway を発表。


高山祥子

(タカヤマショウコ )

1960年東京都生まれ。成城大学文芸学部卒。