テオノガクビヲキリニキタ

手斧が首を切りにきた

フレドリック・ブラウン
青田勝


手斧が首を切りにきた

ジャンル
海外ミステリ > サスペンス
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:386ページ
初版:1973年4月27日

ISBN:978-4-488-14603-0
Cコード:C0197
文庫コード:M-フ-1-3

写真:ボンカラー
装幀:小倉敏夫


内容紹介

本書において、著者は小説の合間に、ラジオ、映画、スポーツ放送、ビデオ、演劇等の台本の形式を挟みストーリーを展開させ、結末を小さな新聞記事で締め括っている。そして不気味なマザー・グースの歌が、二人の女性の間で揺れ動く一青年のやるせない青春像を、鮮やかに浮き彫りにする。1940年代後期のアメリカの地方都市を舞台に、ブラウンが趣向を凝らして描く初期長編異色作。


フレドリック・ブラウン

1906年アメリカ生まれ。新聞社、雑誌社などに勤務のかたわら、執筆を開始。1947年刊行のミステリ長編『シカゴ・ブルース』で、翌年のMWA最優秀処女長編賞を受賞。多くのミステリ、SF、ファンタジーを発表した。代表作は〈エド・ハンター〉シリーズ、『通り魔』『不思議な国の殺人』『3、1、2とノックせよ』『まっ白な嘘』『未来世界から来た男』『天使と宇宙船』『スボンサーから一言』など。奇抜な着想と軽妙な話術で描くショートショートの名手。1972年没。