ツグナイノユキガフル

償いの雪が降る

アレン・エスケンス
務台夏子


償いの雪が降る

ジャンル
海外ミステリ > サスペンス
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:402ページ
初版:2018年12月21日

ISBN:978-4-488-13608-6
Cコード:C0197
文庫コード:M-エ-6-1

写真:borchee/Getty Images
装幀:國枝達也


内容紹介

授業で身近な年長者の伝記を書くことになった大学生のジョーは、訪れた介護施設で、末期がん患者のカールを紹介される。カールは三十数年前に少女暴行殺人で有罪となった男で、仮釈放され施設で最後の時を過ごしていた。カールは臨終の供述をしたいとインタビューに応じる。話を聴いてジョーは事件に疑問を抱き、真相を探り始めるが……。バリー賞など三冠の鮮烈なデビュー作! 訳者あとがき=務台夏子


アレン・エスケンス

アメリカ、ミズーリ州出身。ミネソタ大学でジャーナリズムの学位を、ハムライン大学で法学の学位を取り、その後、ミネソタ州立大学マンケート校などで、創作を学ぶ。25年間、刑事専門の弁護士として働いてきたが、現在は引退している。デビュー作である『償いの雪が降る』は、バリー賞ペーパーバック部門最優秀賞など三冠を獲得し、エドガー賞、アンソニー賞、国際スリラー作家協会賞の各デビュー作部門でも最終候補となった。その他の著作にThe Guise of Another (2015) 、The Heavens May Fall(2016) 、The Deep Dark Descending(2017) 、The Shadows We Hide(2018)がある。