アカイヤカタノヒミツ

赤い館の秘密

  【新訳版】

A・A・ミルン
山田順子


赤い館の秘密

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:334ページ
初版:2019年3月22日

ISBN:978-4-488-11602-6
Cコード:C0197
文庫コード:M-ミ-2-1

装画:大塚砂織
装幀:内海由


内容紹介

赤い館で主の兄が殺され、主は行方不明に。友人を訪ねてきた青年が素人探偵となり事件を調べるが。『クマのプーさん』で有名なミルンが書いた唯一の探偵小説、新訳決定版。



A・A・ミルン

1882年イギリス、ロンドン生まれ。本名アラン・アレキサンダー・ミルン。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学ぶ。英国のユーモア誌『パンチ』に投稿し、後には編集に携わるようになる。その後、作家として独立。代表作は『赤い館の秘密』のほか『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』 。1956年没。


山田順子

(ヤマダジュンコ )

1948年福岡県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒業。主な訳書にアーモンド『肩胛骨は翼のなごり』『ミナの物語』、キング『スタンド・バイ・ミー』、プルマン『マハラジャのルビー』、マーヒー『マディガンのファンタジア』『不完全な魔法使い』、アンソニー〈魔法の国ザンス〉シリーズなど。