クラヤミニレンズ

暗闇にレンズ

高山羽根子


暗闇にレンズ

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸
SF > SF

判型:四六判仮フランス装
ページ数:356ページ
初版:2020年9月30日

ISBN:978-4-488-02812-1
Cコード:C0093

装画:河井いづみ
装幀:鈴木久美


内容紹介

第163回芥川龍之介賞受賞者・高山羽根子がおくる渾身の書下ろし長編

高校生の「わたし」は親友の「彼女」と監視カメラだらけの街を歩き、携帯端末の小さなレンズをかざして世界を切り取る。かつて「わたし」の母や、祖母や、曾祖母たちがしてきたのと同じように。そうして切り取られた世界の一部は、あるときには教育や娯楽のために、またあるときには兵器として戦争や紛争、弾圧のために用いられた――映画と映像にまつわる壮大な偽史と、時代に翻弄されつつもレンズをのぞき続けた“一族”の物語。



高山羽根子

(タカヤマハネコ )

1975年富山県生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。2010年、「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞佳作となる。14年、同作を標題とした短編集『うどん キツネつきの』(東京創元社)で書籍デビュー。同書は第36回日本SF大賞最終候補に選出された。16年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞を受賞。19年「居た場所」で第160回芥川賞候補、「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」で第161回芥川賞候補。20年「首里の馬」で第163回芥川龍之介賞を受賞。