サザナミノオウコク

漣の王国

岩下悠子


漣の王国

ジャンル
国内ミステリ > ミステリ
一般文芸 > 一般文芸

判型:四六判上製
ページ数:296ページ
初版:2019年7月31日

ISBN:978-4-488-02801-5
Cコード:C0093

(c) David Kovats/EyeEm/amanaimages
装幀:鈴木久美


内容紹介

綾部蓮という青年は、私たちにとって遠い国の王様のような存在だった。神の贈り物と呼ぶべき肉体と才能に恵まれ、美貌をもって周囲の人々を侍臣のごとく傅かせ、それでいて何時も退屈を持て余していた。だから彼が自殺した時、その理由を知る者もいなかった――。ひとりの才能ある若者に羨望を抱いた者や憎悪した者、誰もが彼の年齢を追い越し忘れ去っていくなか、私たちは思い出す。なぜ青年は自ら命を絶ったのか? 人生の一時期に齎される謎と恩寵を忘れ難い余韻をもって描き出す、期待の俊英による連作ミステリ。


岩下悠子

(イワシタユウコ )

1974年東京都生まれ。97年「砂の蝶」が第23回城戸賞を受賞。『相棒』『新・科捜研の女』をはじめミステリ・ドラマの脚本を数多く手掛ける一方、2012年に小説「熄えた祭り」を発表する。17年に同作を含む連作集『水底は京の朝』を刊行。流麗な筆致と卓越した構成で、ふたつとない小説世界を紡ぐ俊英。