カサイチョウサカン

火災調査官

福田和代


火災調査官

ジャンル
国内ミステリ > ミステリ

判型:四六判上製
ページ数:332ページ
初版:2016年9月30日

ISBN:978-4-488-02765-0
Cコード:C0093

装画:井筒啓之
装幀:柳川貴代


内容紹介

火災調査官とは、火災の原因を調べる消防職員のことである。東京消防庁消防本部予防部調査課に勤める東は、有能な火災調査官だが、実は内心火に魅せられている。ある日彼は、目黒区柿の木坂の空き家で起きた放火の現場に向かう。消火活動にあたったのは、東の高校時代の先輩であり、現在は目黒消防署八雲出張所のポンプ車小隊長を務める白木。そこで東は、犯人の遺留物と思しき、ダ・ヴィンチ『岩窟の聖母』の一部を模写した絵を見せられる。そしてその事件を皮切りに、都内で放火事件が頻発。現場にはなぜか同じ絵が残されていた……。



福田和代

(フクダカズヨ )

1967年兵庫県生まれ。神戸大学卒。2007年、長編『ヴィズ・ゼロ』でデビュー、緻密な取材と圧倒的なリーダビリティが高く評価される。他の著作に、『TOKYO BLACKOUT』『天空の救命室』『群青のカノン』『バー・スクウェアの邂逅』『バー・スクウェアの矜持』『緑衣のメトセラ』『生還せよ』などがある。