ハナカマキリノイノリ

ハナカマキリの祈り

  【単行本版】

美輪和音


ハナカマキリの祈り

ジャンル
国内ミステリ > サスペンス

判型:四六判上製
ページ数:350ページ
初版:2013年10月30日

ISBN:978-4-488-02722-3
Cコード:C0093

装画:水口理恵子
装幀:水野哲也(Watermark)


内容紹介

ハナカマキリみたいにまぎれこんでしまったほうがいい。捕食者に気づかれないように……。
そう言って、いづみは猫のようにするりと、真尋の心に入り込んできた。
監禁・暴行された過去に囚われ、監禁犯「ネロ」の出所に怯え暮らしていた真尋の心に――。いづみと一緒なら、自分は変われる。いづみは、神様がくれた宝物に違いない。そう信じていたのに、全てが偽りであった。彼女は、いったい誰なのか? そして、何のために、真尋に近づいてきたのか? 過去をたどると、何人もの女たちが、彼女の周りで姿を消していた。真相に迫る真尋は、ついに、彼女のおぞましい姿を目にしてしまう――。
圧倒的な筆力で、驚愕のラストシーンまで主人公を追い詰めていく。
映画〈着信アリ〉シリーズの脚本家が描く、衝撃のミステリ!


文庫版では『捕食』と改題しました。


美輪和音

(ミワカズネ )

東京生まれ。青山学院大学卒。大良美波子(だいらみわこ)名義でテレビドラマ「美少女H」や、秋元康原作のホラー映画〈着信アリ〉シリーズなどの脚本を手がける。2010年「強欲な羊」で第7回ミステリーズ!新人賞を受賞し、小説家デビュー。著作にデビュー短編を収録した『強欲な羊』の他、『8番目のマリア』『ゴーストフォビア』『捕食』がある。