マカロンハマカロン

マカロンはマカロン

近藤史恵


マカロンはマカロン

ジャンル
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元クライム・クラブ

判型:四六判仮フランス装
ページ数:236ページ
初版:2016年12月16日

ISBN:978-4-488-02552-6
Cコード:C0093

装画:谷山彩子
装幀:東京創元社装幀室/フォーマット:本山木犀


内容紹介

絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ!

下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルは、スタッフ四人、カウンター七席、テーブル五つ。フランスの田舎を転々として、料理修業をしてきた変人シェフ三舟さんの気取らない料理と、身も心も温めてくれるヴァン・ショーは大人気。そして、実はこのシェフ、客たちの持ち込む不可解な謎を鮮やかに解く名探偵でもあるのです。
豚足をめぐる少年と母親の再婚相手との物語、おしゃれな大学教師が経験した悲しい別れの謎、消えたパティシエが残した言葉「マカロンはマカロン」とは?……等々、胸を打つ話ばかり。ブーダン・ノワール、豚足料理、マカロン、ベリーのタルト……メインディッシュもデザートもきっとご満足いただけます。


近藤史恵

(コンドウフミエ )

1969年大阪市生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒。93年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。人間心理の機微を描く筆力には定評がある。著書に『ねむりねずみ』『ガーデン』『モップの魔女は呪文を知っている』『タルト・タタンの夢』『ヴァン・ショーをあなたに』など多数。2008年、『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞を受賞。