第16回本格ミステリ大賞小説部門受賞

シトスナドケイ

死と砂時計

鳥飼否宇


死と砂時計

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元クライム・クラブ

判型:四六判上製
ページ数:306ページ
初版:2015年1月9日

ISBN:978-4-488-02543-4
Cコード:C0093

装画:遠藤拓人
装幀:藤田知子


内容紹介

【第16回本格ミステリ大賞小説部門受賞】
世界各国から集められた死刑囚を収容する、ジャリーミスタン終末監獄。親殺しの罪で収監されたアラン青年は、“監獄の牢名主”と呼ばれる老人シュルツと出会う。明晰な頭脳を持つシュルツの助手となって、監獄内の事件の捜査に携わるアラン。死刑執行前夜、なぜ囚人は密室状態の独房で斬殺されたのか。どうして囚人は闇夜ではなく、人目につく満月の夜に脱獄したのか。そして、アランが罪に問われた殺人事件の真相とは……。終末監獄を舞台に奇想と逆説が横溢する、著者渾身の本格ミステリ。

*第9位「ミステリが読みたい!2016年版」国内篇
*第9位『2016本格ミステリ・ベスト10』国内篇


目次

「魔王シャヴォ・ドルマヤンの密室」
「英雄チェン・ウェイツの失踪」
「監察官ジェマイヤ・カーレッドの韜晦」
「墓守ラクパ・ギャルポの誉れ」
「女囚マリア・スコフィールドの懐胎」
「確定囚アラン・イシダの真実」



鳥飼否宇

(トリカイヒウ )

1960年福岡県生まれ。九州大学卒。2001年『中空』で第21回横溝正史ミステリ大賞優秀作に選ばれてデビュー。07年『樹霊』が第7回本格ミステリ大賞の、09年『官能的――四つの狂気』が第62回日本推理作家協会賞の候補となる。『痙攣的――モンド氏の逆説』をはじめとする異色の本格ミステリの書き手として、斯界で独自の地位を築く。主な著書に『太陽と戦慄』『このどしゃぶりに日向小町は』『物の怪』『迷走女刑事』などがある。