エガミジロウノドウサツ

江神二郎の洞察

  【単行本版】

有栖川有栖


在庫なし

定価:1,944円 (本体価格:1,800円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

江神二郎の洞察

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 短編集
レーベル
創元クライム・クラブ
シリーズ
江神二郎シリーズ

判型:四六判上製
ページ数:412ページ
初版:2012年10月30日

ISBN:978-4-488-02540-3
Cコード:C0093


装幀:大路浩実


内容紹介

その人の落とした『虚無への供物』が、英都大学推理小説研究会(EMC)入部のきっかけだった――。大学に入学した一九八八年四月、アリスは江神二郎との偶然の出会いからEMCに入部する。著者デビュー短編「やけた線路の上の死体」から、アリスと江神の大晦日の一夜を活写する書き下ろし「除夜を歩く」など、全九編収録。昭和から平成への転換期を背景に、アリスの入学からマリアのEMC入部までの一年を瑞々しく描いた、ファン必携の江神シリーズ初短編集。 著者あとがき=有栖川有栖


目次

「瑠璃荘事件」
「ハードロック・ラバーズ・オンリー」
「やけた線路の上の死体」
「桜川のオフィーリア」
「四分間では短すぎる」
「開かずの間の怪」
「二十世紀的誘拐」
「除夜を歩く」
「蕩尽に関する一考察」


有栖川有栖

(アリスガワアリス )

1959年大阪府生まれ。同志社大学法学部卒。89年『月光ゲーム』でデビュー。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞。『孤島パズル』『双頭の悪魔』『山伏地蔵坊の放浪』など著書多数。本格ミステリ作家クラブ初代会長を務めた。