ポイズン〈ゲ〉

ポイズン〈下〉

クリス・ウッディング
渡辺庸子


ポイズン〈下〉

ジャンル
ファンタジイ > ファンタジイ
レーベル
創元ブックランド

判型:四六判上製
ページ数:264ページ
初版:2005年11月30日

ISBN:978-4-488-01937-2
Cコード:C0097

装画:橋賢亀
装幀:藤田知子


内容紹介

妖精界でポイズンを待ち受けていたのは、人間を虫けらのように見下し嫌悪する妖精王だった。妹を返す条件は蜘蛛の女王の短剣を盗むこと。美しく邪悪な妖精王、不気味な蜘蛛巣城の女主人、奇怪で恐ろしい各国の君主、そして謎の人物〈導師〉。妖しい世界に飛び込んだポイズンたちの運命は。果たしてポイズンは無事妹を取り戻すことができるのか? 本文挿絵=橋賢亀/訳者あとがき=渡辺庸子



クリス・ウッディング

1977年イングランド、レスター生まれ。C・S・ルイスやトールキン、オースン・スコット・カード、テリー・ブルックス等のSF作家やホラー作家に夢中になり、16歳で小説を書き始める。シェフィールド大学在学中(専攻は英文学)19歳で書いた第1長篇 Crashing が認められ、デビューを飾る。21歳でフルタイム作家となり、以降、かなりのペースで作品を発表し続けている。現在はロンドンに在住。日本のアニメも大好きで、また複数のバンドに所属して演奏したりもする。