イッシュウカンノシゴト

一週間のしごと

永嶋恵美


一週間のしごと

ジャンル
国内ミステリ > サスペンス
レーベル
ミステリ・フロンティア

判型:四六判仮フランス装
ページ数:332ページ
初版:2005年11月30日

ISBN:978-4-488-01720-0
Cコード:C0093

装画:スカイエマ
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

幼馴染の菜加には拾い癖があった。犬や猫、果てはアルマジロなど、処理に困るものばかり拾ってくるのだ。いつも後始末は恭平の役目。恭平はいつも「猪突猛進」という言葉を体現したかのような菜加の言動に振り回されてばかりいる。
そんな菜加がまたしても拾ってきたのは――人間の子供。渋谷の雑踏で置き去りにされたのを見て連れてきたのだと言うが、この行為が後に恭平の友人・忍や菜加の弟・克己を巻き込んだ末にあんな結末を迎えるなどとは、このときの恭平には予想すら出来なかった!



永嶋恵美

(ナガシマエミ )

1964年福岡県生まれ。2000年『せん‐さく』でデビュー。主な著作に『彼方(ニライカナイ)』『一週間の仕事』『白銀の鉄路』などがある。