トーイン クアルンゲノウシトリ

トーイン クアルンゲの牛捕り

キアラン・カーソン
栩木伸明


トーイン クアルンゲの牛捕り

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸
レーベル
海外文学セレクション

判型:四六判上製
ページ数:360ページ
初版:2011年12月22日

ISBN:978-4-488-01651-7
Cコード:C0097


装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

夫である王と財産比べをして負けたコナハト国女王メーヴは、夫が持っている素晴らしい雄牛に匹敵する、アルスター国はクアルンゲの褐色の雄牛を奪うべく、大軍勢を招集した。一方迎え撃つアルスター国では、呪いのせいで男たちは戦うことがかなわず、十七歳の若き英雄クー・フリンが、たったひとりで大軍相手に奮闘していた。アイルランドのイリアスとも言われる伝説を『琥珀捕り』の著者、詩人カーソンが語った、血湧き肉躍る英雄譚。訳者あとがき=栩木伸明/解説=井辻朱美



キアラン・カーソン

1948年、北アイルランド、ベルファスト生まれの詩人・作家。ウィスキーを愛し、伝統音楽家としてフルートを演奏し、英語とゲール語の伝統歌謡も達者である。ノーベル文学賞を受けたシェイマス・ヒーニーに続く世代を代表する詩人として、ポール・マルドゥーン、メーヴ・マガキアンと並び称される存在である。エリック・グレゴリー賞、アイリッシュ・タイムズ文学賞、T・S・エリオット賞などの受賞も多い。現代も詩集の発表はもとより、2007年にはアイルランド古代の英雄物語の英訳を上梓するなど、活発な活動を続けている。クイーンズ大学シェイマス・ヒーニー記念ポエトリーセンター所長。


栩木伸明

(トチギノブアキ )

1958年、東京に生まれる。1987年、上智大学大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程単位取得退学。早稲田大学教授。専攻は現代アイルランド文学・文化。