コハクドリ

琥珀捕り

キアラン・カーソン
栩木伸明


琥珀捕り

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸
レーベル
海外文学セレクション

判型:四六判上製
ページ数:348ページ
初版:2004年2月27日

ISBN:978-4-488-01638-8
Cコード:C0097


装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

ローマの詩人オウィディウスが描いたギリシア・ローマ神話世界の奇譚『変身物語』、ケルト装飾写本の永久機関めいた文様の迷宮、中世キリスト教聖人伝、アイルランドの民話、フェルメールの絵の読解とその贋作者の運命、顕微鏡や望遠鏡などの光学器械と17世紀オランダの黄金時代をめぐるさまざまの蘊蓄、あるいは普遍言語や遠隔伝達、潜水艦や不眠症をめぐる歴代の奇人たちの夢想と現実──。数々のエピソードを語り直し、少しずらしてはぎあわせていく、ストーリーのサンプリング。伝統的なほら話の手法が生きる、あまりにもモダンな物語! 解説=柴田元幸

*書評掲載:2004/3/7 毎日新聞、2004/4/4 朝日新聞・信濃毎日新聞・京都新聞ほか、2004/4/5 産経新聞



キアラン・カーソン

1948年、北アイルランド、ベルファスト生まれの詩人・作家。ウィスキーを愛し、伝統音楽家としてフルートを演奏し、英語とゲール語の伝統歌謡も達者である。ノーベル文学賞を受けたシェイマス・ヒーニーに続く世代を代表する詩人として、ポール・マルドゥーン、メーヴ・マガキアンと並び称される存在である。エリック・グレゴリー賞、アイリッシュ・タイムズ文学賞、T・S・エリオット賞などの受賞も多い。現代も詩集の発表はもとより、2007年にはアイルランド古代の英雄物語の英訳を上梓するなど、活発な活動を続けている。クイーンズ大学シェイマス・ヒーニー記念ポエトリーセンター所長。


栩木伸明

(トチギノブアキ )

1958年、東京に生まれる。1987年、上智大学大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程単位取得退学。早稲田大学教授。専攻は現代アイルランド文学・文化。