アイノウラガワハヤミ

愛の裏側は闇〈V〉

ラフィク・シャミ
酒寄進一


愛の裏側は闇〈V〉

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸

判型:四六判上製
ページ数:382ページ
初版:2014年10月24日

ISBN:978-4-488-01034-8
Cコード:C0097


装幀:山田英春


内容紹介

1959年秋、シリア。大学進学が認められたファリードは、友人の影響で共産主義青年同盟に入る。ラナーとは秘密裡に交際をつづけていたが、混乱を極める政情の中で秘密警察に逮捕されてしまう。そしてダマスカス郊外の収容所に送られ、日常的に虐待を受ける獄中生活が始まる。一方のラナーは、家族の卑劣な企てにより無理矢理結婚させられる。心を閉ざして結婚生活をやりすごそうとするが、ついに精神に変調を来しはじめてしまう。それぞれに訪れた地獄の先に待つものとは――。今世紀最大級の世界文学、堂々の完結。訳者あとがき=酒寄進一


ラフィク・シャミ

1946年シリア、ダマスカス生まれ。ドイツ語を母語としないドイツ語作家に贈られるシャミッソー賞で、第1回(1985年)では奨励賞、1993年には本賞に輝く。本書の英語版に対してブック・オブ・ザ・イヤー賞銀賞(2009年)とIPPYゴールドメダル賞(2010年)、2011年には全活動に対して「忘却に抗して――民主主義のために」という賞を受けている。邦訳は『夜の語り部』『ミラード』など。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て和光大学教授。主な訳書に、イーザウ《ネシャン・サーガ》シリーズ、ブレヒト『三文オペラ』、ヴェデキント『春のめざめ――子どもたちの悲劇』、セシェ『囀る魚』、シーラッハ『犯罪』『罪悪』『テロ』、ノイハウス『深い疵』、グルーバー『夏を殺す少女』『刺青の殺人者』ほか多数。