アイノウラガワハヤミ

愛の裏側は闇〈I〉

ラフィク・シャミ
酒寄進一


愛の裏側は闇〈I〉

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸

判型:四六判上製
ページ数:318ページ
初版:2014年8月29日

ISBN:978-4-488-01032-4
Cコード:C0097


装幀:山田英春


内容紹介

「ねえ、ぼくたちの恋は本当にうまくいくと思う?」1960年春、シリア。ムシュターク家のファリードとシャヒーン家のラナーは、一族の者に隠れて逢瀬を続けていた。十二歳で出会ってすぐ、恋に落ちたふたり。しかし両家は、何十年ものあいだ血で血を洗う争いを続ける仇敵同士だったのだ。一方、1969年のダマスカスで首の骨を折られた男の死体が発見される。殺害されたのは秘密警察官で、胸ポケットには謎めいた文章が書かれた灰白色の紙が残されていた。ふたつの物語の断片に、一族の来歴、語り部による哀話や復讐譚を加えて構成された全304章は、百年にわたるシリアの人々・風土・文化が埋め込まれた絢爛たるモザイク画となる。今世紀最大級の世界文学第一巻! 訳者あとがき=酒寄進一



ラフィク・シャミ

1946年シリア、ダマスカス生まれ。ドイツ語を母語としないドイツ語作家に贈られるシャミッソー賞で、第1回(1985年)では奨励賞、1993年には本賞に輝く。本書の英語版に対してブック・オブ・ザ・イヤー賞銀賞(2009年)とIPPYゴールドメダル賞(2010年)、2011年には全活動に対して「忘却に抗して――民主主義のために」という賞を受けている。邦訳は『夜の語り部』『ミラード』など。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て和光大学教授。主な訳書に、イーザウ《ネシャン・サーガ》シリーズ、ブレヒト『三文オペラ』、ヴェデキント『春のめざめ――子どもたちの悲劇』、セシェ『囀る魚』、シーラッハ『犯罪』『罪悪』『テロ』、ノイハウス『深い疵』、グルーバー『夏を殺す少女』『刺青の殺人者』ほか多数。