アイノウラガワハヤミ

愛の裏側は闇〈U〉

ラフィク・シャミ
酒寄進一


愛の裏側は闇〈U〉

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸

判型:四六判上製
ページ数:404ページ
初版:2014年9月19日

ISBN:978-4-488-01033-1
Cコード:C0097


装幀:山田英春


内容紹介

1953年、シリア。片田舎のマーラ村で権勢を誇るムシュタークの一族に生まれたファリードは、村の記憶が深く刻まれた楡の老樹を燃やした罪を着せられ、寄宿制の修道院学校に入れられてしまう。本名を使うことさえ許されず、厳しい労働やリンチ、嫌がらせ、そして孤独に耐えつづける日々。だがそこで、修道士のガブリエルや上級生のブーロスに助けられ、彼らを支えとするようになる。これが、ファリードの人生にとって重大な出会いだとも知らずに。一族の繋がりと運命に翻弄されながらも懸命に成長する少年の姿を描く、今世紀最大級の世界文学第二巻。


ラフィク・シャミ

1946年シリア、ダマスカス生まれ。ドイツ語を母語としないドイツ語作家に贈られるシャミッソー賞で、第1回(1985年)では奨励賞、1993年には本賞に輝く。本書の英語版に対してブック・オブ・ザ・イヤー賞銀賞(2009年)とIPPYゴールドメダル賞(2010年)、2011年には全活動に対して「忘却に抗して――民主主義のために」という賞を受けている。邦訳は『夜の語り部』『ミラード』など。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て和光大学教授。主な訳書に、イーザウ《ネシャン・サーガ》シリーズ、ブレヒト『三文オペラ』、ヴェデキント『春のめざめ――子どもたちの悲劇』、セシェ『囀る魚』、シーラッハ『犯罪』『罪悪』『テロ』、ノイハウス『深い疵』、グルーバー『夏を殺す少女』『刺青の殺人者』ほか多数。