ペキンカラキタオトコ

北京から来た男〈下〉

  【単行本版】

ヘニング・マンケル
柳沢由実子


北京から来た男〈下〉

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ

判型:四六判並製
ページ数:318ページ
初版:2014年7月25日

ISBN:978-4-488-01031-7
Cコード:C0097

装画:塩田雅紀
装幀:中村聡


内容紹介

殺人現場の家を訪れたビルギッタは、刑事の目を盗み数冊のノートを持ち出した。ノートに記されたネヴァダの文字。それはスウェーデンの寒村で起きたのと似た血塗られた事件が起きた土地だった。手記は一八六〇年代、アメリカ大陸横断鉄道の建設の現場主任のものだった。十九世紀の中国の寒村、鉄道建設に沸く開拓時代のアメリカ、そして発展著しい現代の中国、アフリカ。現代の予言者マンケルによる、ミステリを超えた金字塔的大作。訳者あとがき=柳沢由実子

*第10位『このミステリーがすごい!2015年版』海外編



ヘニング・マンケル

1948年スウェーデン生まれ。作家、舞台監督、劇作家。〈刑事ヴァランダー・シリーズ〉の第1巻『殺人者の顔』でガラスの鍵賞を、第5巻『目くらましの道』でCWA賞のゴールドダガーを受賞、他に児童書やエッセイなども書いた、人気実力ともに北欧ナンバーワンの作家である。2015年没。


柳沢由実子

(ヤナギサワユミコ )

1943年岩手県生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。ストックホルム大学スウェーデン語科修了。主な訳書に、インドリダソン『湿地』『緑衣の女』『声』『湖の男』『厳寒の町』、ヘニング・マンケル『殺人者の顔』『目くらましの道』『北京から来た男』、マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー『刑事マルティン・ベック 笑う警官』、ドロシー・ギルマン『悲しみは早馬に乗って』、アリス・ウォーカー『勇敢な娘たちに』、カーリン・アルヴテーゲン『満開の栗の木』などがある。