2005年英国推理作家協会(CWA)賞ゴールドダガー受賞

リョクイノオンナ

緑衣の女

  【単行本版】

アーナルデュル・インドリダソン
柳沢由実子


在庫なし

定価:1,944円 (本体価格:1,800円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

緑衣の女

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説

判型:四六判並製
ページ数:360ページ
初版:2013年7月12日

ISBN:978-4-488-01001-0
Cコード:C0097

写真:Photagrapher P?tur Bjarni G?slason/Getty Images  Fabio Sabatini/Getty Images
装幀:本山木犀


内容紹介

2003年ガラスの鍵賞、2005年CWAゴールドダガー賞受賞

住宅建設地で発見された、人間の肋骨の一部。事件にしろ、事故にしろ、どう見ても最近埋められたものではない。現場近くにはかつてサマーハウスがあり、付近にはイギリスやアメリカの軍のバラックもあったらしい。付近の住人の証言の端々に現れる緑の服の女。数十年のあいだ封印されていた哀しい事件が、捜査官エーレンデュルの手で明らかに。CWAゴールドダガー賞・ガラスの鍵賞受賞作。世界が戦慄し涙した。究極の北欧ミステリ。

*第2位『ミステリが読みたい!2014年版』海外編
*第2位『週刊文春 2013年ミステリーベスト10』海外編
*第10位『このミステリーがすごい!2014年版』海外編


アーナルデュル・インドリダソン

1961年アイスランドの首都レイキャヴィク生まれ。父親は高名な作家インドリディ・G・トーステンソン。アイスランド大学で歴史学と映画を専攻し、卒業後新聞社に就職。その後、フリーの映画評論家になる。1997年にレイキャヴィク警察の犯罪捜査官エーレンデュルを主人公とするシリーズ第一作Synir duftsinsで作家デビュー。3作目にあたる『湿地』と次の『緑衣の女』で2年連続してガラスの鍵賞を受賞。『緑衣の女』では、英国のCWAゴールドダガー賞も受賞している。