著作一覧


羽生飛鳥

(ハニュウアスカ )

1982年神奈川県生まれ。上智大学卒。2018年「屍実盛(かばねさねもり)」で第15回ミステリーズ!新人賞を受賞。『平家物語』や謡曲『実盛』にも取り上げられている斎藤別当実盛の最期を題材にした同作は、特異な状況下での「被害者当て」を描いた本格ミステリとして高く評価された。2021年同作を収録した本連作短編集でデビュー。歴史小説と本格ミステリの巧みな融合を追求する、期待の新鋭。また、児童文学作家としても活躍している(齊藤飛鳥名義)。

表示順
昇順・降順
表示件数

該当商品2件中、1〜2件目を表示


国内ミステリ  >> 歴史ミステリ

揺籃の都

揺籃の都

羽生飛鳥

定価:1,980円  ISBN:978-4-488-02018-7

未刊  初版:2022年6月30日

遷都した福原の平清盛邸で怪事件が続発。清盛の異母弟の平頼盛は、清盛とその三人の息子たちと敵対する中、謎に挑むが。話題作『蝶として死す』に続く、長編歴史ミステリ! 


国内ミステリ  >> 歴史ミステリ

蝶として死す

蝶として死す

羽生飛鳥

定価:1,980円  ISBN:978-4-488-02012-5

在庫あり  初版:2021年4月9日

首のない五つの死体から、被害者を特定した方法とは。平清盛の異母弟にして一族の裏切り者・平頼盛が謎に挑む。第15回ミステリーズ!新人賞受賞作「屍実盛」を含む連作集。 


該当商品2件中、1〜2件目を表示