東京創元社主催 文学新人賞 鮎川哲也賞

第28回鮎川哲也賞は、2017年10月31日をもちまして受付を締め切らせていただきました。応募総数は157作品でした。今回も多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。

第22回 鮎川哲也賞 決定

 2012年4月2日、第22回鮎川哲也賞の最終選考会が芦辺拓・北村薫・辻真先の選考委員三氏によりおこなわれ、上記のとおり決定しました。選考経過等の詳細は『ミステリーズ!vol.55』(2012年10月刊)をご覧ください。

 

受賞者のプロフィール
  青崎有吾(あおさきゆうご)
   1991年、神奈川県横浜市生まれ。現在、横浜市在住の大学生。

最終候補が決定しました

桃永夏兎(ももえかと)わたしの愛したピグマリオン
西陽武十(にしびむじゅう)武蔵オルタネイティブ
倉科りと(くらしなりと)アルデバランの館
輝瀬咲(てるせさき)遺書屋ミメーシス
青崎有吾(あおさきゆうご)体育館の殺人

1次選考の通過作が決定しました

築地つぐみ(つきじつぐみ)恋してるとか好きだとか
桃永夏兎(ももえかと)わたしの愛したピグマリオン
西陽武十(にしびむじゅう)武蔵オルタネイティブ
蕎麦米単九(そばごめたんく)Ruby,My Dear
古城衛(こじょうまもる)ポセイドンの嘆き
澤田語郎(さわだごろう)鴉鷺の格子
市川哲也(いちかわてつや)たったひとつの救い
浅岡沙織(あさおかさおり)死の巣くう家
横内正彦(よこうちまさひこ)箱館新撰組――龍馬の怨霊――
倉科りと(くらしなりと)アルデバランの館
中村秋紀(なかむらとしき)恋に落ちた名探偵
根倉野蜜柑(ねくらのみかん)青薔薇城殺人事件
輝瀬咲(てるせさき)遺書屋ミメーシス
澤柳司(さわやなぎつかさ)生きていて生きていない
塚本望(つかもとのぞみ)彼とドールと千万の嘘
花ノ木世一(はなのぎよいち)怪盗紳士は小学生
青崎有吾(あおさきゆうご)体育館の殺人

第22回 鮎川哲也賞 応募規定

■選考委員  芦辺拓/北村薫/辻真先