マハラジャノルビー

マハラジャのルビー

フィリップ・プルマン
山田順子


マハラジャのルビー

ジャンル
一般文芸 > ヤングアダルト
海外ミステリ > 冒険小説
海外ミステリ > 少年・少女探偵
レーベル
創元推理文庫(F)
シリーズ
サリー・ロックハートの冒険 1

判型:文庫判
ページ数:328ページ
初版:2008年6月27日

ISBN:978-4-488-53405-9
Cコード:C0197
文庫コード:F-フ-9-1

装画:松本圭以子
装幀:藤田知子


内容紹介

サリー・ロックハート、16歳。海運会社の経営者だった父を船の事故で失い、天涯孤独の身。彼女のもとに、ある日謎めいた手紙が送られてきた。手紙に書かれていた謎の言葉、サリーにつきまとう怪しげな老婆、阿片の煙にかすむインドの記憶、そしてマハラジャのルビー……。ヴィクトリア朝のロンドンを舞台に、変わり者の少女サリーがもちまえの機転と勇気で父の死の謎に挑む。〈ライラの冒険〉の著者プルマンの傑作冒険シリーズ開幕。訳者あとがき=山田順子


フィリップ・プルマン

1946年イギリスのノリッジ生まれ。イギリス、ジンバブエ、オーストラリアを転々としたのち本国にもどり、オクスフォード大学エクセター・コレッジで英文学を学ぶ。その後、教鞭をとるかたわら児童書の執筆を、1982年に Count Karlstein を発表したのち、〈サリー・ロックハートの冒険〉4部作を書きはじめる。その後1995年から〈ライラの冒険〉3部作(新潮社)を発表、第1巻の『黄金の羅針盤』ではカーネギー賞、ガーディアン賞を、第3巻の『琥珀の望遠鏡』ではウィットブレット賞児童文学賞と最優秀賞を同時受賞するという快挙をなしとげた。


山田順子

(ヤマダジュンコ )

1948年福岡県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒業。主な訳書にアーモンド『肩胛骨は翼のなごり』『ミナの物語』、キング『スタンド・バイ・ミー』、プルマン『マハラジャのルビー』、マーヒー『マディガンのファンタジア』『不完全な魔法使い』、アンソニー〈魔法の国ザンス〉シリーズなど。