ブリキノオウジョ

ブリキの王女〈上〉

フィリップ・プルマン
山田順子


ブリキの王女〈上〉

ジャンル
一般文芸 > ヤングアダルト
海外ミステリ
海外ミステリ
レーベル
創元ブックランド
シリーズ
サリー・ロックハートの冒険 外伝

判型:四六判上製
ページ数:234ページ
初版:2011年11月30日

ISBN:978-4-488-01986-0
Cコード:C0097

装画:影山徹
装幀:藤田知子


内容紹介

才能はあるが貧しいレベッカは、ある若い女にドイツ語を教えることになった。だが、文字も書けないその女性、なんとラツカヴィアという小国のルドルフ王子と極秘裏に結婚しているというのだ。さらに本国で皇太子が暗殺され、ルドルフが王位継承者になったため、ベッキーは王子のもとで知り合った諮問探偵ジム・テイラーと共にラツカヴィアへ行くことになる。英国からヨーロッパ大陸へ。サリーの弟分、ジムが大活躍のシリーズ最終巻。



フィリップ・プルマン

1946年イギリスのノリッジ生まれ。イギリス、ジンバブエ、オーストラリアを転々としたのち本国にもどり、オクスフォード大学エクセター・コレッジで英文学を学ぶ。その後、教鞭をとるかたわら児童書の執筆を、1982年に Count Karlstein を発表したのち、〈サリー・ロックハートの冒険〉4部作を書きはじめる。その後1995年から〈ライラの冒険〉3部作(新潮社)を発表、第1巻の『黄金の羅針盤』ではカーネギー賞、ガーディアン賞を、第3巻の『琥珀の望遠鏡』ではウィットブレット賞児童文学賞と最優秀賞を同時受賞するという快挙をなしとげた。


山田順子

(ヤマダジュンコ )

1948年福岡県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒業。主な訳書にアーモンド『肩胛骨は翼のなごり』『ミナの物語』、キング『スタンド・バイ・ミー』、プルマン『マハラジャのルビー』、マーヒー『マディガンのファンタジア』『不完全な魔法使い』、アンソニー〈魔法の国ザンス〉シリーズなど。