ラヴクラフトノイサン

ラヴクラフトの遺産

ワインバーググリーンバーグ
夏来健次尾之上浩司


ラヴクラフトの遺産

ジャンル
ホラー > ホラー
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:604ページ
初版:2000年8月25日

ISBN:978-4-488-52311-4
Cコード:C0197
文庫コード:F-ラ-1-11

造形:松野光洋
装幀:矢島高光


内容紹介

20世紀最大の怪奇小説作家H・P・ラヴクラフト。彼を愛し、その作品に影響を受けたホラー作家は枚挙にいとまがない。彼の生誕100周年を祝し、高弟ロバート・ブロックをはじめ、F・ポール・ウィルスン、ブライアン・ラムレイら“遺産相続人”が集い、恐怖と奇想の物語13編を書き下ろした、現代の魔道書のごときアンソロジー! 序=ロバート・ブロック/扉裏作者紹介=尾之上浩司/解説=朝松健


目次

レイ・ガートン「間男」
モート・キャッスル「吾が心臓の秘密」
グレアム・マスタートン「シェークスピア奇譚」
ブライアン・ラムレイ「大いなる“C”」
ゲイリー・ブランナー「忌まわしきもの」
ヒュー・B・ケイヴ「血の島」
ジョゼフ・A・シトロ「霊魂の番人」
チェット・ウィリアムスン「ヘルムート・ヘッケルの日記と書簡」
ブライアン・マクノートン「屍食姫メリフィリア」
ジーン・ウルフ「黄泉の妖神」
ゲイアン・ウィルスン「ラヴクラフト邸訪問記」
エド・ゴーマン「邪教の魔力」
F・ポール・ウィルスン「荒地」


夏来健次

(ナツキケンジ )

1954年新潟県生まれ。英米文学翻訳家。主な訳書に、ブロック『サイコ』、ラムレイ『タイタス・クロウの事件簿』をはじめとする《タイタス・クロウ・サーガ》、ロジャーズ『赤い右手』など。


尾之上浩司

(オノウエコウジ )

英米文学翻訳家。主な訳書にマシスン『ある日どこかで』、フォスター『スター・トレック――イントゥ・ダークネス』、ロス『ダーク・シャドウ――血の唇』、カークマン+ボナンジンガ『ウォーキング・デッド――ガバナーの誕生』ほか多数。