アオイヘビ

青い蛇

十六の不気味な物語

トーマス・オーウェン
加藤尚宏


青い蛇

ジャンル
ホラー > 幻想小説
ホラー > 短編集
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:250ページ
初版:2007年5月11日

ISBN:978-4-488-50503-5
Cコード:C0197
文庫コード:F-オ-2-2

装画:オディロン・ルドン
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

ベルギーを代表する幻想小説作家による、『黒い玉』と対を成す珠玉の短編集。霧深い夜、宿を求めた酒場で行われていたのは、雌豚を見に行く権利を賭けた奇妙なゲーム。それに勝ち、納屋に案内された男が見たものとは――。悪夢のような一夜の体験を淡々と綴り、長く深い余韻を残す傑作「雌豚」、奇妙な味わいの掌編「青い蛇」など16の不気味な物語を収録。解説=垂野創一郎


目次

「翡翠の心臓」
「甘美な戯れ」
「晩にはどこへ?」
「城館の一夜」
「青い蛇」
「モーテルの一行」
「ドナチエンヌとその運命」
「雌豚」
「ベルンカステルの墓地で」
「サンクト=ペテルブルグの貴婦人」
「エルナ 一九四〇年」
「黒い雌鶏」
「夜の悪女たち」
「鏡」
「アマンダ、いったいなぜ?」
「危機」