ナニガコマルカッテ

何が困るかって

坂木司


未刊

定価:734円 (本体価格:680円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

何が困るかって

ジャンル
一般文芸
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:256ページ
初版:2017年12月22日

ISBN:978-4-488-45705-1
Cコード:C0193
文庫コード:M-さ-3-5


装幀:石川絢士(the GARDEN)


内容紹介

平凡な日々の風景に溶けこむ、あの人、この人、そしてあなた。それぞれ隠しているのは、どんな物語?──ちょっとした嫉妬心から始まる「いじわるゲーム」の行方、子供の頃耳にした奇妙な「都市伝説」が導く戦慄の結末、「鍵のかからない部屋」から出たくてたまらない“私”の物語……。日常と非日常のあわいを描く、奇妙で少しぞっとする、不思議な読み心地のショートストーリー集。著者あとがき=坂木司/解説=東雅夫


目次

「いじわるゲーム」
「怖い話」
「キグルミ星人」
「勝負」
「カフェの風景」
「入眠」
「ぶつり」
「ライブ感」
「ふうん」
「都市伝説」
「洗面台」
「ちょん」
「もうすぐ五時」
「鍵のかからない部屋」
「何が困るかって」
「リーフ」
「仏さまの作り方」
「神様の作り方」

「ホリデーが肉だと先生が困る」


坂木司

(サカキツカサ )

1969年、東京生まれ。覆面作家。2002年に、ひきこもり探偵・鳥井真一とその友人・坂木司を主人公にした連作短編集『青空の卵』でデビュー。温かな目線で語られるミステリが評判となる。