薔薇の輪

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:318ページ
初版:2015年6月30日

ISBN:978-4-488-26203-7
Cコード:C0197
文庫コード:M-フ-8-3

装画:山本ゆり繪
装幀:中村聡


内容紹介

ロンドンの女優エステラ。その絶大な人気は、体が不自由でウェールズに住んでいるという娘との交流を綴った新聞の連載エッセイに支えられていた。エステラの未来は順風満帆に思われた。服役中の危険人物の夫が、病気のため特赦で出所し、死ぬまえに娘に会いたいと言い出すまでは……。勃発した怪事件に挑むのは、警部チャッキー。巨匠の技巧が冴える、本邦初訳の傑作ミステリ! 解説=福井健太

*第3位『2016本格ミステリ・ベスト10』海外篇
*第6位『IN★POCKET』「2015年文庫翻訳ミステリー・ベスト10」作家部門
*第8位『IN★POCKET』「2015年文庫翻訳ミステリー・ベスト10」総合部門
*第8位『IN★POCKET』「2015年文庫翻訳ミステリー・ベスト10」翻訳家&評論家部門


クリスチアナ・ブランド

1907年マラヤ(現在のマレーシアの一部)生まれ。イギリスに帰国後の17歳のとき父が破産。自活のため保母兼家庭教師やモデル、ダンサーなどさまざまな職業を転々とする。1941年、『ハイヒールの死』 で本格的に作家デビュー。以後『緑は危険』『ジェゼベルの死』『はなれわざ』『招かれざる客たちのビュッフェ』など、オールタイムベスト級の傑作を次々と発表し、女流ミステリ作家としての確固たる地歩を築く。また、1972年から73年までCWA(英国推理作家協会)の会長を務めた。1988年没。