ミシラヌモノノハカ

見知らぬ者の墓

マーガレット・ミラー
榊優子


見知らぬ者の墓

ジャンル
海外ミステリ > サスペンス
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:496ページ
初版:1988年5月27日

ISBN:978-4-488-24701-0
Cコード:C0197
文庫コード:M-ミ-1-1

写真:(c) Alessandra Sanguinetti/Magnum Photos/amanaimages
装幀:岩郷重力+R.F


内容紹介

墓碑は断崖の突端に立っていた。銘板には、なぜか自分の名前が刻まれている。没年月日は四年もまえ──。不思議な夢だった。そのあまりに生々しい感触に不安をおぼえたデイジーは、偶然知りあった私立探偵ピニャータの助けを借りて、この“失われた一日”を再現してみることにしたが……。アメリカ女流随一の鬼才が、繊細かつ精緻な心理描写を駆使して描きあげた傑作長編の登場。解説=柿沼瑛子


マーガレット・ミラー

1915年、カナダのオンタリオ州生まれ。38年、高校の同級生であったケネス・ミラー(ロス・マクドナルド)と結婚。41年The Invisible Wormで作家デビュー。緊張に満ちた心理描写と詩的な文体、最後の一行がもたらす戦慄など、他に類のないサペンスを多く発表。『狙った獣』で56年にMWA(アメリカ探偵作家クラブ)賞最秀長編賞を受賞し、83年にはMWA賞グランドマスター賞を受賞する。著作に『悪の糸』『殺す風』『まるで天使のような』などがある。94年没。