カノジョラミナワカクシテシンダ

彼女たちはみな、若くして死んだ

チャールズ・ボズウェル
山田順子


未刊

定価:972円 (本体価格:900円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

彼女たちはみな、若くして死んだ

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
海外ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:320ページ
初版:2017年6月30日

ISBN:978-4-488-17002-8
Cコード:C0197
文庫コード:M-ホ-13-1

写真:(c) Abby Bloor/Millennium Images, UK /amanaimages
装幀:山田英春


内容紹介

ニューヨークの花嫁学校の寄宿舎で、幸せな結婚を前に謎の死を遂げた良家の子女。彼女の遺体からは多量のモルヒネが検出された──「ボルジアの花嫁」をはじめ、女性が犠牲となった10の事件について丹念に調査を重ね、扇情に走ることなく、被害者と加害者と遺族、刑事たちの真の姿を誠実に描き出す。MWA賞受賞のジャーナリストによる出色の犯罪ノンフィクション、本邦初訳。解説=川出正樹


目次

「ボルジアの花嫁」
「ランベスの毒殺魔」
「死の部屋」
「殺人の契機」
「青髭との駆け落ち」
「サラ・ブリマー事件」
「死のタンゴ」
「6か9か」
「彼女が生きているかぎり」
「絞殺された女」


チャールズ・ボズウェル

アメリカ合衆国ヴァージニア州生まれ。生没年不明。ヴァージニア大学に通ったのちニューヨークへ移る。犯罪捜査に興味を持ち、7年以上にわたり保険金詐欺を扱う私立探偵社に勤務し、調査を実地に学んだ。また、10年以上にわたる雑誌の記事執筆歴がある。ルイス・トンプソンとの共著にThe Girls in Lover’s Lane、Practitioners of Murder、Business of Murderなどがある。1955年、同じく共著のThe Girl with the Scarlet BrandでMWA犯罪実話賞受賞。


山田順子

(ヤマダジュンコ )

1948年福岡県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒業。主な訳書にアーモンド『肩胛骨は翼のなごり』『ミナの物語』、キング『スタンド・バイ・ミー』、プルマン『マハラジャのルビー』、マーヒー『マディガンのファンタジア』『不完全な魔法使い』、アンソニー〈魔法の国ザンス〉シリーズなど。