ジュウサンノヒミツ ダイイチゴウスイモン

13の秘密/第1号水門

ジョルジュ・シムノン
大久保輝臣


13の秘密/第1号水門

ジャンル
海外ミステリ > サスペンス
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
メグレ・シリーズ

メグレ・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:313ページ
初版:1963年8月16日

ISBN:978-4-488-13906-3
Cコード:C0197
文庫コード:M-シ-1-2


装幀:矢島高光


内容紹介

花の都パリには、ありとあらゆる犯罪が渦巻いている。これは探偵趣味のルボルニュ青年が貧弱な新聞記事を手がかりに十三の犯罪の謎を解明する連作短編集。いわゆる純粋推理だけで事件を解決する安楽椅子探偵の好例で、シムノンの作品中でも高く評価される傑作集である。メグレ物の長編『第1号水門』を併載する、ファン待望の本邦初訳!


大久保輝臣

(オオクボテルオミ )

1928年生まれ。1952年東京大学仏文科卒業。主な訳書に、ジャン・コクトー『怖るべき子供たち』、ジュリアン・グリーン『南部・敵・影』、ジョルジュ・シムノン『13の秘密』ほか。1996年歿。