2015年アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞受賞

ユキノヨルハチイサナホテルデナゾトキヲ

雪の夜は小さなホテルで謎解きを

ケイト・ミルフォード
山田久美子


在庫あり

定価:1,430円 (本体価格:1,300円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

雪の夜は小さなホテルで謎解きを

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:438ページ
初版:2017年11月24日

ISBN:978-4-488-13504-1
Cコード:C0197
文庫コード:M-ミ-3-1

装画:河合真維
装幀:アルビレオ


内容紹介

12歳のマイロの両親が営む小さなホテル〈緑色のガラスの家(グリーングラス・ハウス)〉に、ある冬の日、5人の奇妙な客が現れる。彼らは全員が滞在予定日数を告げず、他の客がいることに驚いていた。なぜ雪に閉ざされたホテルに来たのか? マイロは客の誰かが落としたと思しき古い海図を手がかりに、彼らの目的を探ることにする。それはホテルの秘密につながっていた……? 心あたたまる聖夜のミステリ。訳者あとがき=山田久美子


ケイト・ミルフォード

アメリカ、メリーランド州生まれ。現在はニューヨークのブルックリン在住。2014年に発表した『雪の夜は小さなホテルで謎解きを』でアメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)ジュブナイル部門を受賞し、全米図書賞児童文学部門やアンドレ・ノートン賞の候補にもなった。2017年に続篇となるGhosts of Greenglass Houseを刊行。その他の著作にThe Boneshaker(2010)、The Broken Lands(2012)などがある。


山田久美子

(ヤマダクミコ )

英米文学翻訳家。ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」、キング「パリの骨」、ミルフォード「雪の夜は小さなホテルで謎解きを」、モントクレア「ロンドン謎解き結婚相談所」「王女に捧ぐ身辺調査」など訳書多数。